「女子力」が日本を変える

医療機関を受診するときは、どれくらいお金が掛かるのか気になりますよね。
健康保険の対象となる治療は、窓口負担が軽減できるメリットがあります。
しかし、すべての治療が健康保険の対象にはならないのです。
歯医者を受診する場合も例外ではありません。
一般的な治療に健康保険が使えることは、みなさんもご存知のとおりです。
しかし、治療に使う材料や方法によっては、健康保険が使えないケースもでてきます。
自分から、健康保険外の治療を希望することもあるでしょう。
なお、歯医者の診療メニューには「予防歯科」があります。
「歯石除去」もそのひとつ。
虫歯や歯周病の予防目的で歯石除去をするときは、健康保険が使えないため全額自己負担が必要です。
一方、虫歯や歯周病に罹っている人の場合は、健康保険の対象になるのです。
ただし、健康保険の規則により、一度に除去できる範囲が限られているため、通院期間が長引く可能性がでてきます。
予防歯科で受けられるのは歯石除去以外にもあります。
また、予防歯科以外で健康保険が使えないケースも知っておきたいところです。
そのため、歯医者で治療を始める前には、きちんと説明を受けることをおすすめします。