「女子力」が日本を変える

若いうちはあまり訪問看護の事は考えません。
若いのに訪問看護の事を考えるというのはほとんどないです。
若い頃は考えなかったけど、歳を取ると考えるのが訪問看護です。
ベッドから起きられない状態になりたいとは誰も思わないです。
ベッドから起きられないという事は家族に迷惑をかける事です。

家族に迷惑を掛けたいと思うはずがないです。
家族に迷惑を掛けたくないと思っても迷惑をかける事は多々あります。
家族に自分の世話をさせるのは迷惑を掛けている事です。
家族にとって迷惑を掛けられていると思っていなくても世話をしてもらっている側としては迷惑を掛けていると思ってしまいます。
訪問看護が全く迷惑でないという事はありませんが、少なくても家族の負担は権限できます。
だいたい高齢になってくると家族の事を考えます。
足腰が不自由になると特に家族の事は考えます。
自分の面倒を家族に見させて良いのかを考えます。
自分から進んで施設に入るという高齢者も多いです。
しかし、施設に入りたくても入れない場合が多いです。

訪問看護の事はある程度の年齢になると考えないといけないでしょうね。
訪問看護や介護を受けないのが一番良いですけど、歳を取ると分かりません。
訪問看護や介護の事は常に頭へ入れておくのが良いでしょうね。